クレンジングクリームの特徴と使い方について

最近では様々なタイプのクレンジング剤がありますが、クレンジングを選ぶ時には、普段のメイクの濃さと自分の肌質を照らし合わせて選ぶことが大切です。クレンジングの一番の目的はメイクを落とすことにありますが、基本的に洗浄力が高いほど肌への負担も大きくなるので、ベースメイクの落ちやすさを基準としてクレンジングを使い分けましょう。

 

落ちにくいアイメイクは基準とせず、目元や口元などのメイクは、専用のポイントメイクリムーバーを使うようにすると肌への負担が軽減されます。クレンジングクリームは適度な厚みと硬さがあるのが特徴で、洗浄力は強い方ではありません。

 

パウダーファンデーションやリキッドファンデーションを落とすのに最適ですが、ウォータープルーフの日焼け止めやファンデーションを落とす際は、洗浄力が足りない場合があります。クレンジングクリームは硬めの質感なので、メイクを落とすときに手と肌の間で摩擦が起きにくいのが特徴です。また、油分を多く含んでいるので、メイクを落とした後も肌に適度な潤いが保たれ、肌が乾燥しやすい人におすすめです。

 

使い方としては、肌をこすらないようにメイクを浮かせて落とすのが基本で、すすぐ時は常温に近い水で洗い流しましょう。お湯は必要な皮脂まで落としてしまうことがあり、反対に冷たい水は汚れが落ちにくくなり、洗い残しの心配があります。